トップ > 愛知 > 11月9日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

県営名古屋空港で初の消防出初め式 来年、見学募る

 清須、北名古屋市と豊山町を所管する西春日井広域事務組合消防本部は来年一月十三日、豊山町の県営名古屋空港で消防出初め式を開く。空港での開催は初めてで、航空機からの出火を想定した放水訓練などがある。

 午前十時半からと午後一時からの二部制で、普段は立ち入りが規制されている駐機場で開催。午前の部は式典や放水訓練、県の消防団PR大使を務めるアイドルグループ「OS☆U」のミニライブがある。午後の部は消防や自衛隊の特殊車両の展示など。航空自衛隊小牧基地が協力し、放水訓練には実機を使用する。

 駐機場へ入る際に登録が必要で、見学希望者は十二月十四日までに豊山町防災安全課に申込用紙を持参するか、郵送かメール、ファクスで申し込む。応募者多数の場合は抽選。

 (問)同課=0568(28)0355

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索