トップ > 愛知 > 11月7日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

西尾でハウスキュウリ出荷本格化

出荷が本格化しているハウスキュウリ=西尾市一色町で

写真

 西尾市でハウスキュウリの出荷が本格化している。西尾市は冬から春にかけて栽培されるキュウリの一大生産地で、県内生産量の四分の一ほどを占める。来年六月ごろまでに約三千トンが県内の市場に出荷される。

 西尾、安城、碧南の栽培農家は「三河みどり」のブランド名でハウスキュウリを生産している。JA西三河によると、今年は苗を植える十月に天候が安定していたことから、キュウリも順調に育っており、例年並みの質や収量が期待できるという。

 西尾市一色町にある選果場には毎日採れたてのキュウリが持ち込まれている。センサーで曲がり具合や太さ、長さを判別して仕分けされ、パートの女性たちが箱詰め作業に追われている。

 (宇佐美尚)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索