トップ > 愛知 > 11月7日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

豊田で来年12月開催 ボッチャ日本選手権

太田市長(前列中央)にボッチャの技を説明する江崎選手(同右)=豊田市役所で

写真

 日本ボッチャ協会の奥田邦晴代表理事(61)ら七人が六日、豊田市役所を訪れ、二〇一九年の日本選手権を豊田で開催することを太田稔彦市長に報告した。大会は来年十二月二十日から二十二日まで、スカイホール豊田(八幡町)であり、県内初開催となる。

 来年の日本選手権の八カ月後には二〇二〇年東京パラリンピックが開催される。奥田代表理事は「代表選考に大きく関わる重要な大会。選手たちの活躍をぜひ見てほしい」と話した。

 この日は、あいちボッチャ協会の強化指定選手三人も同席した。太田市長にボッチャのルールや戦術の奥深さを説明しながら、一緒にボールを投げた。国際大会にも多く出場する若手有望株の江崎駿選手(17)=春日井市=は「昨年は準優勝だった。来月の福島の日本選手権で優勝して、愛知で二連覇したい」と目標を掲げた。

 (生津千里)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索