トップ > 愛知 > 11月4日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

椎名誠さん招き、20周年記念講演 豊田市中央図書館

写真

 豊田市中央図書館(西町)の開館二十周年を記念した講演会が三日、同館であり、作家椎名誠さんが「本の夢 本の力」と題し来場者二百人を前に語った=写真。

 椎名さんは、近年の出版不況で書店が全国的に減少し「子どもが本に触れる機会が少なくなっている」として、「今は図書館が非常に大事な役割を担っている」と指摘した。

 「子どもの頃に読んだ『十五少年漂流記』や、スウェーデンの探検家が書いた『さまよえる湖』が人生に影響を与えている」と、世界を巡るようになった原点を語った。各国で見聞きした食文化なども紹介した。

 中央図書館は一九九八年の十一月三日、豊田参合館三〜七階にオープン。公立図書館では、全国有数の百十五万冊の蔵書を誇り、昨年度には市民ら八十五万人が訪れた。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索