トップ > 愛知 > 10月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

シャチ「アース」13日で10歳に 名古屋港水族館

迫力あるジャンプを披露するシャチの「アース」=名古屋港水族館で

写真

 名古屋港水族館(名古屋市港区)で飼育されている雄のシャチ「アース」が十三日に十歳の誕生日を迎える。順調に成長を続け、体長は同館の中で最大となった。公開トレーニングでは迫力あるジャンプを披露しており、人気を集めている。

 アースは二〇一五年十二月、鴨川シーワールドからやってきた。当時は体長四・三メートル、体重一・三トンだったのが、今では体長五・二メートル、体重二トンまで成長。雌のステラ(推定三十二歳)、リン(五歳)と仲良く暮らしている。

 飼育担当の加古智哉さん(27)によると、幼いころにはシャチの仲間たちにちょっかいを出すことが多かったアースだが、今では相手の反応を見ながらコミュニケーションができるようになり「大人っぽくなってきた」という。現在は水面から垂直に飛び上がる「スロージャンプ」など新たな技の習得に励んでいる。加古さんは「これからは体がますます大きくなり、存在感を増していく。迫力ある姿で人気者になってほしい」と話していた。

 (武藤周吉)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索