トップ > 愛知 > 10月10日の記事一覧

ここから本文

愛知

写真

 「日本人の生活文化の根源にはカシの木がある」とする「樫(かし)の木文化論」を唱えた一宮市出身の詩人佐藤一英(一八九九〜一九七九年)が、論を構想したノートが見つかった。カシの木にまつわる言葉や地名、民話が大量に記されている。(10月10日) 記事全文へ

[写真]

「樫の木雑記」と題されたノート=一宮市萩原町高松で

 
写真
[写真]

閉会式で行進する県役員・選手団(手前から6列目)=福井市の福井県営陸上競技場で

 
写真
[写真]

スタンプラリー参加店に設置されるパネル=知多市内で

 
 

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索