トップ > 愛知 > 9月11日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

デーモン閣下、会場沸かす 「名古屋をどり」閉幕

名古屋をどりのフィナーレで見えを切るデーモン閣下(前列右)と西川千雅さん(同左)=名古屋市中区の御園座で

写真

 日本舞踊公演「第七十一回西川流名古屋をどり」は十日、名古屋市中区の御園座で五日間の日程を終え、閉幕した。最終日の特別企画としてロック歌手のデーモン閣下が新作舞踊に登場。生の歌声を披露し、会場が拍手で沸いた。

 新作舞踊は、西川千雅(かずまさ)さん(49)が家元として初めて振り付けた。千雅さんをはじめ、現代舞踊のダンサーやアクション俳優らが踊る傍らで、「君が代」や「見上げてごらん夜の星を」などを高らかに歌った。

 途中、トークショーもあり、デーモン閣下が「御園座という新鮮な場に来ることができた」と話すと、千雅さんは「閣下のおかげでこのような素晴らしい舞台になった」と喜んだ。

 今回の共演は、デーモン閣下が日本の伝統文化に深い関心を寄せていることを知った千雅さんが、新作アルバム「うただま」の使用を打診して実現した。

 (長田真由美)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索