トップ > 愛知 > 9月6日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

東山に新ゴリラ・チンパンジー舎 6日オープン

新しいゴリラ舎に引っ越ししたニシゴリラのシャバーニ(右)ら=名古屋市千種区の東山動植物園で

写真

 東山動植物園(名古屋市千種区)で六日にオープンする「新ゴリラ・チンパンジー舎」。日本一高いタワーに登るゴリラや、日本一広い屋内展示室でのびのび暮らすチンパンジーが見どころだ。園の担当者は「生き生きとした野生本来の姿を楽しんでもらえる」とアピールする。

 市が二〇一五年九月から十六億円かけて整備した。展示されるのは「イケメンゴリラ」で人気のシャバーニなどニシゴリラ五頭と、チンパンジー九頭。居住スペースは内部で分かれており、それぞれにタワーを備えた屋外運動場と、広々とした屋内展示室がある。

新しく完成したチンパンジータワー=名古屋市千種区の東山動植物園で

写真

 五日にあった報道機関向けの内覧会で、わらが敷き詰められた床の上をシャバーニが勢い良く滑るなど、元気な姿を見せた。ただゴリラの屋外トレーニングは三日に始まったばかりで、当面は屋内のみで公開。高さ八メートルのタワーで遊ぶ姿はしばらく見られない。

 チンパンジー舎では、道具を使って食べる姿を見てもらおうとアリ塚を再現。木の枝を穴に差し込み、アリの代わりに入れた蜜を器用に食べていた。茶谷公一副園長は「本来の習性を生かした施設。われわれ人間に近い動物がどう生きているかを見てほしい」と話す。

 (水越直哉)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索