トップ > 愛知 > 9月4日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

安城市議会が電子採決導入 タブレット端末利用

 安城市議会は三日に開会した九月定例会で、市議会会議規則の一部を改正する議員提出議案を可決し、採決の際に電子採決システムの使用が可能になった。最終日にタブレット端末を利用した電子採決をする。タブレット端末を使った採決は千葉県流山市議会などで実施しているが、全国的にも珍しいという。

 安城市議会が二〇一五年度から進めるICT化の一環。一六年二月の全員協議会からタブレット端末を議員に配布し、会議資料の電子化などに取り組んできた。

 電子採決の導入で、効率的な議会運営を目指す。本会議場に大型モニターを設置し、採決の結果を映し出す。野場慶徳議長は「採決を迅速化し、正確性につなげたい。操作に不慣れな議員もいるため、意思表示にミスがないようにしっかり研修する」と話している。

 (四方さつき)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索