トップ > 愛知 > 8月26日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

エコ動力のボートで競う 碧南で全日本選手権

ゴールを目指して懸命にペダルを踏む選手たち=碧南市の油ケ淵で

写真

 太陽光発電や人力で動くボートで速さを競う「ソーラー・人力ボートレース全日本選手権大会」(中日新聞社後援)が二十五日、碧南市の油ケ淵で始まった。二十六日まで。

 化石燃料に頼らない社会について考えようと、日本ソーラー・人力ボート協会が開催し今年で三十回目。愛知県や三重県、静岡県などから学生や船舶関連企業の関係者、手作りボートの愛好家ら二十チーム約二百人が集まり、この日は直線コースで競うショートレースの予選と決勝が行われた。

 参加者たちは、自転車のようにペダルを踏んで進んだり、ろをこいで進んだりするさまざまなボートで出場。中には水中翼を備えてスピードが上がると水面から浮き上がるボートも。スタートの合図とともに、選手たちが懸命にペダルを踏んでゴールを目指した。

 二十六日には一時間耐久の周回レースなどがある。

 (宇佐美尚)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索