トップ > 愛知 > 6月25日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

名古屋城など23会場 どまつり概要発表、今年は4日間

20年連続出場し、チームや個人で表彰される参加者ら=名古屋市南区の日本ガイシフォーラムで

写真

 八月二十三〜二十六日の「第二十回にっぽんど真ん中祭り」(どまつり)に向け、踊りを競うチームや選手などを対象にしたオリエンテーションが二十四日、名古屋市南区の日本ガイシフォーラムであり、大会概要などが発表された。

 二十回記念大会の今年は、祭りの期間を一日延長し、四日間の開催。国内外から二百十チーム、二万人の参加を見込む。会場は、メインステージの久屋大通公園を含む県内二十三会場。中には初開催となる名古屋城会場もある。

開催を前に発表された、今年のにっぽんど真ん中祭りの公式ポスター=名古屋市南区の日本ガイシフォーラムで

写真

 参加する各チームは鳴子を使い、地元の民踊をアレンジした踊りを披露する。シードチームを含む予選を通過した計十二チームが、最終日のファイナルコンテストに進む。メイン会場ではネット中継などもあり、視聴者は気に入ったチームに投票することができる。

 この日のオリエンテーションにはチームの代表者らが参加。当日のスケジュール確認や、出場チームを十ブロックに振り分ける抽せん会があった。

 (天田優里)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索