トップ > 愛知 > 6月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

春日井駅で刃物男に対応 署、消防などが合同訓練

刃物を持った男(右)を制圧する署員たち=JR春日井駅で

写真

 刃物を持った犯人による無差別傷害事件を想定し、春日井市の春日井署、JR春日井駅、市消防本部は十三日、同駅で合同訓練をした。

 ホームで客同士がけんかしていると駅員が通報。けんかの一方は刃物を持ち、けがを負った客が複数いることが判明し、駆け付けた警察官や救急隊員らが、刃物を持った男の制圧や負傷者の救護、他の利用客の避難誘導にあたった。

 春日井署の川上恭輝地域課長は「JRの対応も速く、消防ともうまく連携しながら利用客の安全確保ができた。もう少し利用客の多い時間だと、どこまで協力できたか疑問も残る」と評価した。

 新幹線車内やインターネットカフェなど公共の場での無差別殺傷事件が相次ぐ。川上課長は「国民全体に不安が広がっている。訓練を重ねて安心感を持ってもらえるよう万全を尽くしたい」と話した。

 (城石愛麻)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索