トップ > 愛知 > 6月2日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

秀吉隊、JR高島屋が運営 名古屋まつりの英傑行列、丸栄継ぐ

河村市長(手前)と懇談する坪井理事長(奥中央)と各百貨店の社長、店長=市役所で

写真

 毎秋恒例の「名古屋まつり」を主催する名古屋まつり協進会(会長・河村たかし市長)は一日の理事会で、今月末に閉店する百貨店「丸栄」に代わり「ジェイアール東海高島屋」が郷土英傑行列の豊臣秀吉隊を運営することに決めた。

 郷土英傑行列はまつりのメイン行事で、これまで織田信長隊を三越、秀吉隊は丸栄、徳川家康隊は松坂屋が運営。各百貨店がそれぞれ濃姫役、ねね役、千姫役の三姫を選んできた。六十四回目の今年からジェイアール東海高島屋が秀吉隊を運営し、ねね役を選ぶ。

 理事会後、河村市長と全国商店街振興組合連合会の坪井明治理事長、ジェイアール東海高島屋の山田正男社長、松坂屋名古屋店の小山真人店長、名古屋三越の笠原慶弘社長、名鉄百貨店の黒野友之社長が懇談。市長が「ありがとう」と謝意を伝えると、山田社長は「地域の皆さまに感謝を申し上げるいい機会。地域のにぎわい創出に役立てて光栄」と述べた。

 (沢田敦)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索