トップ > 愛知 > 5月29日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

名古屋・東区の飲食店で12人食中毒 ノロウイルス検出

 名古屋市は二十八日、東区泉一の飲食店「AOI cafe izumi」でコース料理を食べた二十六〜五十一歳の男女十二人がノロウイルスによる食中毒を発症したと発表した。いずれも快方に向かっているという。市は同日、再発防止策を確認できるまでの間、同店を営業禁止処分とした。

 市によると、同じグループの二十三人が二十二日夜、カツオのたたきのカルパッチョや牛肉ステーキなどのコース料理を食べた。うち十二人が嘔吐(おうと)や発熱、下痢の症状を訴え、三人からノロウイルスを検出した。

 市内では二十八日現在、ノロウイルスによる食中毒が今年三件目。市は手洗いや体調管理の徹底、食品の十分な加熱など予防対策を呼び掛けている。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索