トップ > 愛知 > 2月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

県立大生、長久手市長秘書の業務体験

吉田市長(右)と職員(手前)の打ち合わせを聞きながらメモを取る長谷部さん=長久手市役所で

写真

 長久手市で、吉田一平市長の秘書業務を体験する「インターンシップ(就業体験)」が行われている。五〜十一日は、県立大三年の長谷部靖子さん(21)が体験した。

 二〇一三年度からの取り組みで、学生の発案で始まった。今年は八人が応募し、書類選考で、長谷部さんと愛知淑徳大三年の近藤ひかりさん(21)が選ばれた。近藤さんは十九〜二十五日に体験する。

 来客対応のほか、打ち合わせや会議、市のイベントなどに同行する。市の実情を知ってもらい、まちに愛着を持ってもらう狙いがある。

 長谷部さんは、研修を終えて「実際は人のつながりが薄く市民主体のまちづくりが、なかなかうまくいかないことが課題だと知った」と語った。

 これについて「市がさまざまな催しに取り組んでいることを同時に知ったので、市民の人たちに参加してもらえるよう、PR(広報)の仕方を工夫すべきでは」と話した。

 長谷部さんは同市の職員を志望しており、伊勢志摩サミットに関わるボランティア活動の経験から「観光の仕事に携わりたい」と話している。

 (村松秀規)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索