トップ > 愛知 > 2月10日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

豊橋の教諭が体罰14件、停職処分に 県教委

 豊橋市立岩西小学校で昨年、児童に体罰を繰り返したとして、県教委は九日、同校の男性教諭(43)を停職六カ月の懲戒処分とした。教諭は同日付で依願退職した。

 県教委によると、教諭は昨年十月、担任をしていた二年生の女子児童の算数の課題の直し方が不十分だったとして、後頭部を持って複数回、額などを黒板にぶつけた。保護者が学校に連絡して発覚。児童は一時期、登校できなくなった。

 他にも二年の男児七人の頭をたたいたり、顧問だったバスケットボール部の指導中に六年男児の胸を体育館の壁に押し当てたりするなど、昨年四〜十月にかけ、計九人に計十四件の体罰をした。

 教諭は県教委の聞き取りに「悪いことは承知していたが、指導に熱が入ってやってしまった」と話したという。

 六年前にも別の小学校で児童の腕にペンを押し当ててけがをさせる体罰をして戒告処分を受けていた。県教委は悪質性があると判断し、体罰の処分では最も重い六カ月の停職処分にした。

 県教委は、昨年六月に交際中だった教え子の女子生徒にキスや胸を触るなどのわいせつ行為をしたとして、尾張地方の県立高校の男性教諭(26)を停職六カ月の懲戒処分とする処分も発表した。教諭は同日付で依願退職した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索