トップ > 愛知 > 2月10日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

結氷の段戸湖、雪が覆う 設楽町

全面結氷を雪が覆い、静まり返った段戸湖=設楽町田峯で

写真

 連日厳しい冷え込みが続く奥三河山間部。段戸裏谷原生林(設楽町田峯)の一角に広がる段戸湖は、全面結氷した湖面を雪が覆い、冬の日差しにまぶしく輝いている。

 標高九一七メートルの高地に設けられた二ヘクタールのかんがい用人造湖。一帯の気温は北海道函館市とほぼ同じといわれ、一九八〇年二月二十七日には氷点下二〇・五度を記録している。

 長年この地に足を運んでいる東海自然歩道パトロール員の竹下工(つかさ)さん(67)によると、一月中旬以降、湖周辺の最低気温は氷点下一〇〜一五度で推移。「流れ込む川の水も凍っている。こんな現象は、ここ数年なかった」と驚く。

 二〇センチ前後の積雪を踏んで遊歩道を歩くと、湖面のあちこちに大小さまざまな足跡が見られる。カモシカ、ニホンジカ、ウサギ…。人影が絶えた湖は、動物たちの天下らしい。

 厳冬の原生林にも、見どころはある。すっかり落葉しているため、野鳥観察には最適なのだ。「県内では珍しいオオアカゲラやキバシリも見られます」と竹下さんは話した。

 (鈴木泰彦)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索