トップ > 愛知 > 1月8日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

豊橋の映画祭開幕 三浦友和さん登壇

トークショーで話す俳優の三浦さん=豊橋市西小田原町の穂の国とよはし芸術劇場プラットで

写真

 豊橋市民有志が企画、運営する「第十六回とよはしまちなかスロータウン映画祭」が七日、同市西小田原町の穂の国とよはし芸術劇場プラットで開幕した。俳優の三浦友和さん(65)が来場し、映画などについて話した。

 映画祭は十三日から二月十一日までの毎週末、同劇場で新旧の映画十六本の上映会があるが、チケットは既に完売している。映画祭は地域活性化のため、豊橋駅前に映画館がなくなった翌年の二〇〇二年に豊橋青年会議所が主催。〇三年から映画好きの市民が実行委員会をつくって毎年開催してきた。

 初日の七日は三浦友和さんの出演映画「葛城(かつらぎ)事件」と「RAILWAYS」が上映された。上映の合間に三浦さんが登壇。映画「葛城事件」は大阪教育大付属池田小事件がモチーフになっている点や、妻で元歌手の山口百恵さんとよく映画を見ることなどエピソードを披露。「人を笑わせるのは一番難しい。今後、喜劇を演じてみたい」と意欲を見せ、「映画を好きになってほしい」と呼び掛けた。

 実行委の石川誠会長(55)は「市民の皆さんと地元の企業のおかげでここまで続けてこられた」と感謝の気持ちを表した。

 (中川翔太)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索