トップ > 愛知 > 1月4日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

タヌキ生態、豆知識紹介 東山動植物園、えとにちなみ

ふわふわした冬毛を身にまとうホンドタヌキ=名古屋市千種区の東山動植物園で

写真

 いぬ年にちなんで、イヌ科のホンドタヌキの生態を解説する新春アニマルトークが三日、東山動植物園(名古屋市千種区)であった。

 飼育員の野本吏樹(りき)さん(43)が、タヌキがイヌの仲間であることを紹介すると、集まった人々から「へえー」と驚く声が上がった。

 日本の他にシベリア、朝鮮半島、中国、ベトナムに生息することや、欧米では空想の生き物と思っている人が多いことなど豆知識を披露。もこもことした冬毛を身にまとい、日なたぼっこするタヌキを指し「木に登ったり、泳いだりもする」と意外な一面も紹介した。

 同園では二十五頭を飼育している。他に、同園のイヌ科はヤブイヌやシンリンオオカミなどがいる。

 (塚田真裕)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索