トップ > 愛知 > 12月7日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

フィギュア、採点待つ場所再現 名駅と中部空港

フィギュアスケートグランプリファイナルのキス・アンド・クライで使用するパネルの前で写真を撮る人たち=JR名古屋駅で

写真

 フィギュアスケートのグランプリファイナルが名古屋市で初開催されるのを記念し、演技を終えた選手らが採点を待つ場所「キス・アンド・クライ」を再現した平面パネルが六日、JR名古屋駅中央コンコースに設置された。 

 七〜十日に日本ガイシホール(名古屋市南区)で開かれる大会を盛り上げようと、県と名古屋市などが主催。会場で実際に使われるキス・アンド・クライをパネルで再現しており、表彰式で選手に渡す「ビクトリーブーケ」のレプリカを持って希望者は記念撮影ができる(午前十一時から午後七時まで)。

 フィギュアスケートのファンという一宮市の主婦今井久美子さん(54)はパネルを見て、「名古屋出身の宇野昌磨君にぜひ頑張ってもらいたい」と応援した。

 常滑市の中部国際空港ターミナルビル二階の国内線到着ロビーにもパネルが展示されており、空港利用客が撮影を楽しんでいる。パネルはカーネーションなど県産の花で彩られている。空港の店舗で働くパート新美多津子さん(63)=東浦町=は、「花がフィギュアにぴったりで、すてき」と眺めていた。名駅、空港ともパネルは十日まで展示している。

 (竹谷直子、小西数紀)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索