トップ > 愛知 > 11月30日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

「人権広報大使」にキャベゾウ 田原市のキャラ

名古屋法務局豊橋支局の職員から委嘱状を受け取るキャベゾウ=田原市役所で

写真

 田原市の「渥美半島☆観光大使」のマスコットキャラクター「キャベゾウ」が二十九日、名古屋法務局から人権擁護の啓発活動をする「人権広報大使」に委嘱された。同日、市役所で委嘱状交付式があった。

 委嘱期間は来年十一月二十八日まで。マスコットキャラクターへの人権広報大使の委嘱は、東三河では初めて。今後、人権擁護委員らと市内のイベントなどで人権擁護のPRに努める。

 豊橋人権擁護委員協議会田原地区会長の鈴木敏代さんは「キャベゾウは市民にとって親しみのあるキャラクター。一緒に啓発活動を頑張りたい」と話した。

 (中川翔太)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索