トップ > 愛知 > 11月10日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

尾張旭「どうだん亭」で紅葉見頃

赤く色づいたドウダンツツジ=尾張旭市霞ケ丘町のどうだん亭で

写真

 尾張旭市霞ケ丘町の国登録有形文化財の古民家「どうだん亭」で、ドウダンツツジの紅葉が見頃を迎えている。十一〜十九日に無料で公開する。

 どうだん亭は、岐阜県飛騨市から移築された合掌造りの古民家。普段は尾張旭市が時間貸しの施設として活用し、句会などに利用されている。毎年春と秋、ひなまつりの時期は無料公開している。

 今年は紅葉が早く、色の染まり方もここ数年で一番きれいだという。こけむす庭園に映える赤いツツジを見ながら、ゆったりとした時間を楽しめる。

 公開は午前十時〜午後四時。十二日と十九日は、午前十時〜午後三時に呈茶もある。一席四百円。土日は大森霞ケ丘の交差点北に、臨時駐車場を設ける。

 (菅谷仁志)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索