トップ > 愛知 > 10月31日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

名古屋市営地下鉄60年 5日にイベント

イベントのチラシや記念のタオルを手にする交通局の職員ら=名古屋市役所で

写真

 名古屋市営地下鉄の開業六十周年を記念し、市交通局は十一月五日午前十時〜午後三時に、名古屋市名東区朝日が丘の藤が丘工場でイベントを開く。普段は入れない車両工場で、体験や実演など多彩な行事を用意している。参加無料。

 目玉は、重さ五十トン弱ほどの東山線二両を使った綱引き。小学生以下が対象で、二十人ほどそろえば随時実施していく。シャワーとブラシで車両が洗車される様子を見られる乗車体験もある。

 実演では、交通局職員らが電車のつり上げや台車の組み立てなどを行う。六十周年記念のタオルやスマートフォンケースのほか、使わなくなったつり革や計器類などの販売ブースも並ぶ。

 市営地下鉄は一九五七(昭和三十二)年十一月十五日、名古屋−栄町間の二・四キロで開業した。交通局の担当者は「利用者にこれまでの感謝の気持ちを伝えるとともに、子どもたちが末永く親しんでもらえるようにしたい」と来場を呼び掛けている。会場に駐車場はない。(問)交通局乗客誘致推進課=052(972)3816(平日のみ)

 (安田功)

◆特別列車1両運行 つり革と座席を装飾

特別列車に使われるつり革=名古屋市交通局提供

写真

 東山線では十一月六日〜来年三月中旬、色とりどりの座席とつり革が使われた特別車両一両が運行する。

 同線は六両編成の四十八列車が運行しており、そのうち一列車の高畑駅側の一両を装飾する。つり革は持ち手部分を各路線のイメージカラーとなっている黄、紫、青、赤、ピンクの五色にする。座席の背もたれ部分には、五色の円の周りを電車が走行するかわいらしいデザインを加えた。

 金城学院大(守山区)環境デザイン科の学生らの車内デザイン案を基に、市交通局が今回のデザインを決めた。車両点検で運行されない日もあるという。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索