トップ > 愛知 > 10月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

名大、学生ベンチャーを支援 ゲートタワーに拠点開設

写真

 名古屋大が名古屋・名駅のJRゲートタワーに設置した「名古屋大学オープンイノベーション拠点(OICX)」=写真=のオープニングセレモニーが十一日あり、学長や学生ベンチャー企業の取締役などが出席した。

 名大は学内技術の実用化を推進するため、資金や起業家教育の面で学生ベンチャーを支援している。OICXはその一環で、学生同士や企業が自由に交流したり会議を開いたりする場となる。

 セレモニーで松尾清一学長は「社会的価値を創造できる実践的な人材の育成は、大学としても力を入れている。そのためにふさわしい場所だ」と語った。

 自動運転車のプログラム開発企業の代表取締役で名大院生の安藤智仁さん(24)は「アクセスも良いので、企業や学生と出会える機会が増え、さらなる成長につながるかもしれない」と期待した。

 (渡辺雄紀)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索