トップ > 愛知 > 10月6日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

「レナト賞」に津の山田さん 在日外国人を支援

日本語を教えるボードを手にする山田さん=日本ボリビア人協会提供

写真

 弱者の立場に立った活動を地道に続ける東海地方の市民や団体をたたえる名古屋NGOセンター(名古屋市中区)の「ステファニ・レナト賞」に、本年度は津市のNPO法人日本ボリビア人協会の山田ロサリオ理事長(64)が選ばれた。

 山田さんは南米ボリビア出身で、日本人男性との結婚を機に一九八九年に来日。九五年に阪神大震災で被災したボリビア人を支援するボランティア通訳などの活動を始め、二〇一〇年には津市で「日本ボリビア人協会」を設立。一二年にNPO法人化した。

 協会では、日本語教育の指導や行政書類の翻訳、多文化共生理解のイベント開催をしてきた。今も年間二百件ほど在日外国人の生活相談に応じている。

 受賞について山田さんは「二十二年間頑張ってきたことは無駄じゃなかった。今後、日本で生まれたボリビア人の子どもの言語習得が問題になるので、引き続き支援をしていきたい」と話す。

 賞は名古屋NGOセンター初代理事長として国際協力活動に力を注ぎ、〇三年に東ティモールで事故死したステファニ・レナト神父の人道精神を引き継ぎ、同センターが事務局となり〇四年から始まった。 

 (小沢慧一)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索