トップ > 愛知 > 10月4日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

わん丸君の誕生日祝おう 犬山で8日に催し

(左)わん丸君、(右)頭が大きかった先代のわん丸君=いずれも犬山市観光協会提供

写真

 犬山市観光協会は八日午前十時半から、市の公式キャラクター「わん丸君」の誕生会を犬山城前広場で開く。活動歴は十七年だが「永遠の十歳」というわん丸君とは−。

 わん丸君は市の観光の顔として二〇〇〇年に誕生。十月十日を誕生日と決め、十日前後の休日に誕生会を催している。

 その名は全国で唯一、市の名に「犬」の漢字が入る犬山に由来する。市章が漢数字の一を丸で囲った形なので「ワンマル」。シバイヌの雄がモチーフで目指すは殿様。特技は肉球ハイタッチ。ちょんまげに触るといいことがあるという触れ込みで、観光シーズンに城下町などに現れる。

 身長体重は非公表だが、ゆるキャラにしてはスマートだ。実は先代がいて、〇九年に今の姿になった。以前より頭がぐんと小さくなり、陣羽織を新しく身に着けた。

 市観光協会いわく、「当時はドアラなど動けるキャラクターが人気。わん丸君も犬なので、頭を小さくし、動けるキャラクターに生まれ変わらせた。その際、いつも裸でかわいそう、との声が以前からあったので陣羽織を着せました」とのこと。

 ゆるキャラグランプリでは最高六十五位。遠くは台湾まで出向いて犬山をアピールしてきた。

 誕生会は八日午前十時から受け付け開始。寄せ書きをした先着三百人に限定グッズと犬山城招待券をプレゼントする。市内の日本モンキーパークのキャラクター「モンパ君」をゲストに迎え、ステージを披露する。受付時に大道芸人ミスターユーのショーがある。誕生会ではお笑いコンビのサムタイムズの出し物がある。午前十一時すぎの誕生会終了後、わん丸君と一緒に犬山城へ遊びに行く。雨天中止。

 (問)市観光案内所=0568(61)6000

 (三田村泰和)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索