トップ > 愛知 > 10月1日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

桜台高生、フェアトレードの木綿でブラウス

フェアトレードのインドの木綿でブラウス制作に取り組んだ桜台高生=南区の桜台高で

写真

 南区の桜台高校ファッション文化科の生徒が、インドで有機栽培された木綿を使ったブラウスの制作に取り組んだ。発展途上国の製品を、適正な価格で取引するフェアトレードについて学ぶ授業の一環で、高校生の感性が光るユニークなデザインに仕上がった。 

 昨年に続く二度目の取り組みで、繊維の輸入などを手掛ける興和(中区)が、インドの農園で栽培された木綿の生地を提供した。

 制作には、服飾を学ぶファッション文化科二年A組クリエイティブコースの二十三人が参加。ブラウスのデザインや生地の型取り、縫製といった工程をすべて生徒自身が手掛け、夏休みも合わせて二カ月前から制作に打ち込んできた。

 九月二十七日の授業では、完成したブラウスを試着し、生徒同士で仕上がりを評価した。小沢彩乃さん(16)の作品は、背中の生地が二枚の翼のように分かれた独創的なデザイン。「普段は着ないような、大人っぽい服を作ることができた」と満足そうに話した。

 ブラウスは、二十二日に白鳥庭園(熱田区熱田西町)で開かれる「白鳥庭園の名古屋まつり エシカルでいきましょ!」のファッションショーで披露する。

 (池内琢)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索