トップ > 愛知 > 9月27日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

名古屋ブランド、給食ならこれだ 市がアンケート

写真

 全国的な知名度がある「なごやめし」を学校給食で提供するとしたら、どんな献立がよい? 名古屋市が名古屋のブランドイメージについてネットモニターにアンケートした結果、給食にふさわしい献立の項目では(三つまで回答可)、59・1%が「みそカツ」と回答しトップだった。次いで「きしめん」(51%)、「みそ煮込みうどん」(47・2%)と続いた。

 市は、なごやめしを学校給食で提供することを検討している。この取り組みが子どもたちに名古屋の食文化や魅力を伝えることに役立つと思うかを聞いた項目では「思う」(55・8%)「どちらかといえば思う」(34%)を併せて九割近くに上った。頻度については「月一回以上」が56・6%で最も多かった。

 なごやめし以外には、スポーツやコスプレについて質問。名古屋が「スポーツ都市」のイメージがあるかを聞いた項目では「ない」「どちらかといえばない」が80・8%を占めた。一方、「コスプレ」のイメージについて聞いた項目は「ある」「どちらかといえばある」が併せて49%に対し、「ない」「どちらかといえばない」が51%だった。

 アンケートは八月二十五日から九月四日に、五百人のモニターを対象に実施した。回答数は四百四十一人で有効回収率は88・2%。

 (梅田歳晴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索