トップ > 愛知 > 3月19日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

至学館と呉の監督対談 選抜高校野球、きょう対戦

至学館の麻王監督(左)と呉の中村監督=甲子園球場で

写真

 十九日に開幕する第八十九回選抜高校野球大会の初日第一試合(午前十時半開始予定)で、至学館は呉(広島)と対戦する。呉は春夏通じて甲子園初出場。至学館の麻王(あさお)義之監督(53)と呉の中村信彦監督(62)が十八日対談し、抱負を語った。

 −相手校の印象は

 <麻王監督> 伝統ある広島県の代表。厳しい試合を失点少なく勝ち抜いている。接戦になると思う。

 <中村監督> かなり細かな野球をされる。惑わされないように落ち着きたい。

 −チームの鍵を握る選手は

 <麻王監督> どこからでも点数が取れる打線。一、二番打者の出塁率が勝負を分ける。二人の投手は好調を維持している。

 <中村監督> 柱の選手がおらず、全員で作戦を練りながらという形になる。

 −センバツ最初の試合で、観客にどんな様子を見せたいか

 <中村監督> 緊張するなと言っても無理。開き直って自分たちがやってきたことを出してほしい。

 <麻王監督> お互いが全国の見本となるような、高校生らしいさわやかな試合をやってほしい。

 (安福晋一郎)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索