トップ > 愛知 > 3月17日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

湖面に巨大渦巻き現る 新豊根ダム取水で

新豊根ダムの湖面に現れた巨大な渦巻き=豊根村古真立で(久野さん提供)

写真

 新豊根ダム(豊根村古真立)の湖面に15日夕、巨大な渦巻きが現れた。国土交通省のダム操作室に勤務する同村坂宇場、久野美恵子さん(53)がカメラに収めた。

 「帰宅途中に見つけました。湖面のごみが猛烈な勢いで回転しており、車を止めてのぞき込みました」。湖岸道路を通り、ダムサイトの操作室に10年前から通勤しているが、「こんな光景を目にしたのは初めてです。驚きました」

 ダム湖の水は、2キロほど離れた地下にある新豊根発電所に送られる。渦巻きの近くには取水口があり、渦巻きは取水による現象とみられる。

 「導水路も発電所も地下にあるので、普段は気付かない。渦巻きで、ダムの役割を再認識させられた」と久野さんは話した。

 (鈴木泰彦)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索