トップ > 愛知 > 2月17日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

「猫系男子」似合うコート制作 津島毛織組合と名女大生

「猫系男子」をイメージしたコートを着るモデルと制作メンバーら=県庁で

写真

 色白、小顔で細身の男子を「猫系男子」と呼ぶらしい。津島毛織工業協同組合(津島市)と名古屋女子大の学生ら六人が「猫系」のためのコートを共同制作した。

 六人は、県あいち産業科学技術総合センター尾張繊維技術センター(一宮市)が昨年開いた研修で、毛織物の設計や作業を学んだ。

 濃紺やピンクなど多彩な糸と、大小のチェック柄で織られたコートの生地は、見る角度によって違う色合いに映る。まるで「猫の瞳」のように。

 名古屋女子大四年、羽田百花さん(22)は「友人には猫系男子ファンが多い。彼らのイメージの服はまだ少ないので、挑戦できて良かった」と話した。センターが二十二〜二十四日に一宮市総合体育館で開く研究試作展で展示する。

 (相坂穣)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索