トップ > 愛知 > 1月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

ちたポン、今年は甘いよ 美浜で出荷始まる

出荷に向けて傷みや形をチェックするパートの女性たち=美浜町のJAあいち知多美浜みかん共選場で

写真

 知多半島産の太田ポンカン「ちたポン」の出荷が十一日、美浜町北方のJAあいち知多美浜みかん共選場で始まった。

 初日は生産者十九人が、オレンジ色につやつやと輝く十二トンを持ち込んだ。パート女性十人が傷や形をチェックした後、機械で大きさごとに六階級に分けて段ボール詰めし、名古屋市の市場に送り出した。二月中旬まで、県内を中心に大阪や東京などに二百五十トンの出荷を見込んでいる。

 太田ポンカンはポンカンの代表品種で、さわやかな香りと強い甘みが特徴。知多半島では三十年ほど前から栽培が始まり、現在は美浜町を中心に、あいち知多かんきつ出荷組合の百四十七人が十六ヘクタールで生産。二〇一四年から「ちたポン」のブランド名で売り出している。

 収穫は昨年十二月中旬から始まり、酸味を抜くために一カ月ほど貯蔵していた。昨年秋に雨が多かった影響で、今シーズンのちたポンは酸味が抜けやすく例年より甘く仕上がっているという。

 (大槻宮子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索