トップ > 愛知 > 1月6日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

ヨーカドーの後、ヨシヅヤが進出 犬山の商業施設

 総合スーパー「イトーヨーカドー犬山店」の撤退が決まっている犬山市天神町の商業施設に、総合ショッピングセンター「ヨシヅヤ」(津島市新開町)が、進出することが分かった。

 犬山市内の事業者らによると、イトーヨーカドー犬山店は二月下旬まで営業。同店の閉店後、ヨシヅヤが同施設のヨーカドーの権利分に当たる約六割の土地、建物を購入し、入居するという。

 犬山しろひがし商業協同組合(犬山市天神町)が同施設の土地、建物の約四割を所有し展開している専門店街「犬山キャスタ」は、入れ替わりによる改装工事中も営業を続ける方針だ。

 商業施設は一九八八年六月、イトーヨーカドーと犬山キャスタが「キャスタ・イトーヨーカドー犬山店」として、名鉄犬山駅前で開業した。地下一階、地上四階建てで、売り場面積は一万二千四百七十平方メートル。

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は、二〇二一年二月までに老朽化などの影響で業績が低迷している全国の四十店舗を閉鎖することを公表している。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索